自転車のタイヤの幅の違い(初級編)・700C、25C 数字・記号の意味は何!?

PVアクセスランキング にほんブログ村

こんにちは、いとちゃんです。 今回は自転車に使われているタイヤのサイズの表記・数字・記号について紹介したいと思います。

自転車を選ぶ際に目安となるのが「タイヤ幅・タイヤのサイズ」です。その自転車がどんなタイヤを履いているかで、ある程度使い方がわかってしまうくらいには、タイヤ幅は自転車の性格を決める重要なパーツです。

目次

自転車のタイヤの直径とタイヤの幅

26インチと27インチの差
20インチ406サイズと451サイズの差
タイヤの幅の差

スポーツ自転車のカタログを見ていると、説明欄のタイヤの項目で以下のような多数の表記を見ることがあります。

700C×25C
700C×32C
26×1.95
29×2.4

これはいったい何を表記しているのかというと、タイヤの直径×タイヤの幅を意味しております。

先ほどの表記を表すと

タイヤの直径タイヤの幅
700C25C直径は700Cで、幅は25C
700C32C直径は700Cで、幅は32C
261.95直径は26インチで、幅は1.95インチ
292.4直径は29インチで、幅は2.4インチ
上に記載の表記の例

単位として「C」と「インチ」が混在しています。

「C」と言うのはいわゆる「mm表示」(メトリック)を表しています。


「インチ」と言うのはヤード・ポンド法の単位の長さで、mm換算をするとおおよそ1インチ=25.4mmとなります。

初めて自転車を選ぶ際にはこの表記の違いに混乱することがありますが、「C」と「インチ」の意味を理解すれば、スムーズに自転車を選ぶことが出来るようになりますので参考にしてみてください。

ポイントサイトなら高還元率のハピタス|通販やサービス利用でWでポイントが貯まる
ポイ活するなら会員数400万人以上のハピタス。3,000以上の人気ショップやサービスと連携、お買い物の前にハピタスに寄るだけで、Wでポイントが貯まる。コンタクトレンズの購入や、クレジットカード発行、ふるさと納税の前にもハピタスに寄っておトク...

現在のタイヤの規格

現代のスポーツ自転車においては、一部モデルを除いてほとんどが以下のような規格が採用されています。

ロードバイク・クロスバイク700C
グラベルロードバイク700C、650B
マウンテンバイク26インチ、27インチ、29インチ、27.5インチ
小径車、折り畳み自転車16インチ、18インチ、20インチ


ロードバイクやクロスバイクは基本的に舗装路を快適に走ることを目的として作られています。多少の路面状況の違いや勾配の変化などはありますが、求められる性能は基本的には一定です。日本に限った話ではなく、世界的にも同じような状況です。また、スポーツ自転車として最も台数が多いということもあり、規格が乱立するとメーカーもユーザーも混乱してしまうという理由もあります。

一方でマウンテンバイクや小径車は実は用途が様々です。一言でマウンテンバイクと言っても実際に趣味としてのマウンテンバイクを深堀していくと驚くほど多様な楽しみ方があることが分かります。路面状況や走るコースも楽しみ方によって驚くほど変化します。ダウンヒル、トレイルライド、クロスカントリー等、競技内容によってもタイヤに求められる性能が大きく異なります。そのような変化に対応するために、タイヤの規格も数多く生まれました。

タイヤの幅の違いでどう変わるのか

タイヤ幅が影響するのは主に「乗り心地」「重量」の2つです。

他にも耐パンク性能やタイヤの種類・用途などもありますが、まずは最も体感しやすい「乗り心地」「軽さ」を一つの判断基準として持っておくことで自転車を選びやすくなります。

タイヤ幅が増えるとはつまり

「エアボリュームが増える=タイヤに入る空気の量が増える」

タイヤの中(厳密にはチューブですが)には空気が入っていますが、この空気の量が多ければ多いほどクッション性が良くなって乗り心地が良くなります。

空気を入れて膨らませるクッションを想像すると分かりやすいですが、空気の量が多ければ多いほどふわふわになります。

タイヤ幅が太いと、地面からの振動が吸収されたり、段差の衝撃を緩和してくれます。
通勤や通学では綺麗な路面だけではなく、多少凸凹した道や、荒れた路面を走ることもあるかと思いますが、このようなシチュエーションでもタイヤ幅が太いと安定して走ることができます。

逆にタイヤの空気が規定量より少ないとパンク・リム打ちのリスクが高まります。

※ ではタイヤは太ければ良いのか!?

けしてそうではありません、スポーツ自転車の魅力の一つはその「軽快さ」にありますが、タイヤ幅が太すぎるとこの軽快さが損なわれてしまいます。ロードバイク等は特にその軽さが求められることから、細いタイヤが採用されることが多いです。近年では細ければ細いほど軽い、というわけでもなく、ある程度の太さを確保することで転がり抵抗を低減して結果として軽く走る(タイヤ幅で言うと25C~32C前後)と言うのが今のブームとなっています。

タイヤの重さ

タイヤの重量については想像しやすいと思います。


タイヤ幅が細い方が軽く、路面の走行抵抗が少ない、タイヤの幅が太い方が重く、路面の走行抵抗が大きくなります。

例えばロードバイク用のタイヤだと重量は軽いものだと200g前後。重いものでも300g前後ですが、マウンテンバイク用のタイヤだと3〜4倍の重量です。もちろんその分、タイヤが頑丈になったりパンクしにくくなったりとメリットもたくさんあります。

同じ車種でも25Cだったり28Cだったりしますが、この辺りは実際に「自分がどんな使い方をするのか?」「どう言う場所を走りたいか?」に合わせて選ぶと良いと思います。

例)
・ロードバイクを選ぶ時に軽さや走行性能を重視したい場合は25Cを履いたモデル
・通勤通学で使う。速さよりも耐久性や乗り心地を重視したい場合は28Cを履いたモデル
と言ったように、用途に合ったタイヤを装着して自転車を選ぶことも重要です。

グラベルロードバイク
クロスバイク

タイヤ交換で自転車の走行性能・乗り心地を変える

タイヤ交換の際に注目するべきポイントは、25Cのタイヤを28Cにして乗り心地の向上を狙ったり、逆に32Cを28Cにして軽くしたり、タイヤを交換することで自転車の走行性能・乗り心地を変えることができます。

タイヤは消耗品なのでおおよそ1年〜2年に1回程度の頻度で交換が必要になることがありますが、例えばそのタイミングでタイヤ幅を変えてみるのも面白いかもしれません。

注意点としては、装着できるタイヤ幅にも制限があると言うことです。タイヤを装着するホイール(リム)ごとに装着できるタイヤの幅が異なります。

また、自転車のフレーム・フォークについてもあまりに太いタイヤだとフレーム・フォークとタイヤが接触してタイヤが回らなくなってしまいます。タイヤのクリアランス、と表現されますが、つまりタイヤとフレーム・フォーク・ホイールそれぞれの相性がしっかりとマッチしているかどうかを確認してから交換することが重要です。

※ 初期装備時のタイヤのサイズを確認して2サイズ以上幅を広げる場合はお店などで確認をしてから購入する事をお勧めします。

タイヤ交換にかかる費用はどのくらい?

タイヤ交換でかかる費用は主に下記の通りです。

タイヤの代金4000~8000円
チューブの代金1000~2000円
リムテープ(劣化が見られる場合)1000円
作業工賃(お店にて作業してもらう場合)業者により多少の価格変動あり

それぞれ前後で費用がかかるので、目安としてはタイヤ代金で4000円〜8000円、チューブ代金で2000円、作業工賃で3000〜4000円程度でしょうか。


※ 特にタイヤは走行性能に大きく関わるパーツなので、コンポネートなどの高価なものに先に手を出すよりは思い切って良いタイヤを買う方をお勧めします。

参考にサイクルベースあさひ 作業工賃表を載せておきます。

タイヤ交換の仕方

タイヤはやろうと思えば自分で交換することも可能です。

必要な工具・商品はタイヤレバー、空気入れ(圧力計付が良い)、そしてタイヤとチューブ、リムテープ(劣化具合による)があれば作業は可能です。

ただし、タイヤ交換にはそれなりのコツと練習が必要なのも事実。前後で交換するとなると慣れないうちは1時間以上時間がかかってしまうことや、交換に失敗するとチューブをダメにしてしまう場合もありますので、不安な方は自転車店に依頼することもお勧めします。

ですがタイヤ交換をすることができる、ということは「出先でパンク修理ができる」と言うことと同義なので、サイクリングをする場合は練習しておいて決して損はありません。タイヤの中のチューブを取り出して新しいチューブに交換する、と言う作業と全く同じ行程なので、スポーツ自転車に乗られている方の多くは自分で交換できるように練習される方がほとんどです。

まとめ

タイヤは自転車の中で唯一地面と接するパーツです。 それゆえに走行性能や乗り心地に大きく影響してきます。自分の使い方・方向性にあったタイヤ幅をまずは把握して、タイヤカスタムをしていくのも良いと思います。


まずはオーソドックスなタイヤ幅から使って、使っていく中で他のタイヤ幅に変えてみる、なんてチャレンジもおすすめ。色々と模索して見て理想のタイヤを見つけてみましょう。

今回はここまでです。 ここまでのお付き合いありがとうございました。

どのくらい入れる!?自転車のタイヤの空気圧 (初心者向け) 乗る前に必ずチェックしよう!! 安全走行の基本。
GW真っ只中、休日などのサイクリング予定など立てて気持ちも盛り上がっているのではないでしょうか。 ですが、自転車に乗ってサイクリング中に急なトラブル等があると慌ててしまいますよね、、、そこで今回は自転車に乗る前に必ず空気圧のチェック、自分の...
自転車のタイヤの種類は!?(初心者編)クリンチャー・チューブラー・チューブレス メリット、デメリットを紹介
こんにちは、いとちゃんです。 今回は自転車のタイヤの種類(主に3種類・クリンチャー・チューブラー・チューブレス)について取り上げていきます。 外見上は同じの3種類ではありますが、それぞれの特徴やメリット面、デメリット面等を取り上げていきます...
ミニベロロードのタイヤ交換(初級編)交換時期と交換の仕方。
こんにちは いとちゃんです。 今回は前回の続きでミニベロロードバイクのタイヤ+チューブの交換(初級編)を紹介していきたいと思います。 交換に慣れてくれば1本数十分もあれば交換できるようになりますし、サイクリング、ツーリング中のパンクなどのト...
自転車のリムテープ交換してますか!?(初心者向け) 交換の仕方紹介。
こんにちは いとちゃんです。 今回は夏前に向けて、2年ほど使用して劣化してきていたタイヤ(シュワルベ デュラノ)を交換するついでに、リムテープの劣化具合+交換方法について(初心者編)を紹介していきます。 初めての方でも交換の仕方が分かれば意...


自転車ランキング

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

コメント